« 豊洲市場問題に1都民として思うこと。 | トップページ | 明日等のライブ&音響ワーク »

2016年10月 2日 (日)

教えられたこと

教えられたこと
教えられたこと
教えられたこと
教えられたこと
教えられたこと
【教えられたこと】
この記事は9日に亡くなられたイベンター・東映3期生・広告会社社長・NPO代表・美術家でいらっしゃった前田鎮男氏より引き継がれてきたイベントに関するものです。まずは慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

9月3日4日は山中湖にあるドッグリゾートwoofにて、ミニチュアシュナウザーのイベント「シュナラバ」の3日には前夜祭ディナーライブ演奏・4日はメインイベントにて音響をやらせていただきました。

株式会社ケーワン社長の田口徳男氏とともにお仕事をさせていただきました。泊まりがけの仕事でしたので、2日間で枚挙にいとまがない沢山のことを教えていただき、ありがとうございました。

まずはイベントを主催されたテリアスタイルの瓜生代表・デザインfの大谷社長に心より感謝申し上げます。また、 僕もサイドポジションから携わらせていただきましたので 、お越しくださった皆様に感謝しております。
ワフの方や携わられたすべての皆様に御礼申し上げます。

ディナーと大谷社長の誕生日パーティーを兼ねた前夜祭のライブではシェフの皆さんが目の前で料理をするスタイリッシュで優美な空間を目の前に、3曲のミニライブをさせていただきました。

弾き語りでコピー曲を1曲(秦基博さんのひまわりの約束)と、オリジナルのDear pop angel(弾き語り)・太陽の下の君(作編曲音源バックに)。

ラストの太陽の下の君の際には、自然と手拍子をくださり本当に嬉しかったです。

また、会場を後にする方々が(僕としては大変恐縮ながら)何人もの方々が口々に「ありがとう」と言ってくださったことが本当に嬉しく、大きな自信をいただきました。また、フライヤー配布にご協力くださったワフの方々に感謝しております。

本当にありがとうございました。

翌日のメインイベントの音響では、オペレートだけでなく機材のセッティング・曲選(オリジナルのBGM・ジングルやドラムロール含む)もさせていただき、実りある1日となりました。

室内・屋外両方に機材を用意し、マイ小型アンプも活用して、フル稼働でやらせていただきました。

大谷さんの高い人気や芸能経験の生きたトークは親しみが湧き温和ながらにキレがありすごく楽しめるものでした。

瓜生さんはさすが業界の権威である貫禄がありながらに、柔らかいタッチもありお人柄が滲み出た話し方が魅力的でした。

またミニチュアシュナウザー何とも言えない愛らしい魅力に触れられ良かったです。

そしてこのイベントを裏側から支えられていた前田氏には本当に色々なことを教えていただきました。

1の成功を勝ち取るためには10も20もの提案や挑戦が必要だということ。

仕事はあくまで細部まで重要だということ。経費で買うべきものはどんなに安くてもいいかと自分で支払ったりせず経費で買うべきだということ。

そして前田さんが素晴らしかったのは、どんなにきつい状況にあってもその辛そうな姿を見せず、そして見せざるを得ない時には笑いにしてしまうくらい気丈でいらっしゃったこと。

そして、厳しいことも言ってくださったけれど、最後は必ず笑顔で接してくださったこと。

さらに、きっと体がきつかったはずなのに最後の最期まで挑戦を続けられたこと。

これは簡単なことではないと思います。
僕も残された人生の儚い時間を挑戦に捧げたいと尚更に思わせてくださり、感謝してもしきれません。
どうか見ていてください前田さん。

そして、最後にシュナラバ当日前夜祭、本当にありがとうございました!

そして、まずは目の前の作曲を頑張りたいと思います。

« 豊洲市場問題に1都民として思うこと。 | トップページ | 明日等のライブ&音響ワーク »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070729/67764895

この記事へのトラックバック一覧です: 教えられたこと:

« 豊洲市場問題に1都民として思うこと。 | トップページ | 明日等のライブ&音響ワーク »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ