« ゴールデンウイーク初日ミューザ記 | トップページ | 「POWER SQUASH! STREET☆」ゲスト出演 »

2012年4月30日 (月)

タイロン橋本氏

一昨日はミューザライブの後に、国立駅のGallery Colon(コロン)

にタイロン橋本氏のライブを見に行ってきましたhappy01

話を色々と聞かせてくれて・一押しと誘ってくださったAgrionの浅倉健二さん、ありがとうございましたnotes

ライブ後だったので間に合っていくことは出来なかったのですが、

後半だけでも見られて良かったですshine

タイロン橋本さんははっぴいえんどの細野晴臣さんのバンド 参加・YMOのアルバム参加や全国フォーク音楽祭優勝など

錚々たる経歴がある中で、

黒人音楽を聴いた時の違和感をもとにアメリカ西海岸に渡り、

黒人音楽の洗礼を受けたあと、10年単位で「グルーヴ」という

追求を続け、全米メディアや大ステージでも取り上げられるようになったという大御所の方notes

かん高いばかりでないきちんと低域・中域も生かしたボーカル力も魅力でshine

豊富な音楽経験から生まれるMCなどが興味深く楽しかったですnotes

グルーヴについては、まず違ったのが足でのビートの取り方だった。

日本なら誰もが普通は一拍・三拍目などでは足先を下げて表を取るところだが

ところがデフォルトがそうではなかった。

さらに、一曲の間でも踏み方つまりビートの取り方違った。


後でお伺いしてみたらやはりそれには深い理由があったようで、

お答えいただき、とてもありがたかったですhappy01

僕もブルースなどブラック系の音楽を作り・歌ったり演奏することがあり、

その際にはグルーヴについては「アフタービート」などを意識して・表と裏の間もとったり、

以前話を聞いたあとに僕自身でも色々と調べて

「曲の各部ごとに違う不規則な円」

とかそういった意識は心掛けてはいるんですが、まだまだ沢山掘り下げの余地がありそうだnotes

なさってきた経験が大きく大きく違い・足の踏み方まで違う黒人さんグルーヴを体感出来、

その理由やちょっとしたコツまでお伺い出来、

とても有意義な時間を過ごすことが出来ましたhappy01

指弾きのストロークにフラメンコのラスゲアードを織り交ぜた弾き方も

勉強になったなーshine

貴重な経験を生かし、また頑張るぞhappy01

« ゴールデンウイーク初日ミューザ記 | トップページ | 「POWER SQUASH! STREET☆」ゲスト出演 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070729/45081835

この記事へのトラックバック一覧です: タイロン橋本氏:

« ゴールデンウイーク初日ミューザ記 | トップページ | 「POWER SQUASH! STREET☆」ゲスト出演 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ